アート21の通信教育講座です。

>ART21 HPへ

絵画・美術教室検索
登録させていただいてるリンクサイト様です

絵画教室 研究所 アート21

戻る

デッサン添削例

総評:
全体的に描きこみが足りないようです。
鉛筆デッサンは、相当描き込まないと中々立体感が出ません。
全体的なまとまり感は良いですので、 あとは、描き込みですね。
では、添削のところで、細かく見ていきましょう。

添削:
まず、@ですが、ここはフタの部分でおそらく、
てっぺんはまん丸ではないでしょうか。
もっと丸い感じがほしい所です。

Aの部分は肩の部分ですが、
面がヨコからタテに変わる所で表現が難しい所です。
同じような面にならないように注意しましょう。

Bは両端と中央部分とは明度差をつける必要がある所です。
一番正面に出ている中央部分を明るく描くようにして下さい。

CとDの部分は難しい所ですが、よく描けています。
デッサンを始めた方が、中々描けないのが楕円です。
楕円を勉強する機会がないことが原因ですが、
瓶やボトルを描く時は楕円を避けて通れません。
瓶やボトルは、真上から見るとまんまるのカタチですが、
ヨコから見ると、楕円の集まりです。
したがって、楕円を意識して描くことがここでの勉強になります。

提出作品 会員N.O.さん(鉛筆デッサン)